【動画タイトル】
の内容について
  • 「X(Twitter)×AI」集客メソッド
  • X(Twitter)で活用できるAI
  • 集客できない人の3つの理由
  • X(Twitter)での商品販売の流れ
  • 売上アップする5ステップ
  • 動画の内容について
  • 動画の内容について
SNSが続かないあなたへ
こんなこと
考えたことありませんか?
  • SNSの発信を効率化しようと試してみたけど質が落ちるので、どうしてもフォロワー獲得や集客ができなかった
  • コミットして発信をし続けた時期はあったけど、日々の発信の労力と比較しても集客や売上に繋がらなかった
  • 商品はなんとか作れたけど、どうやってお客さんを集めればいいかわからない
  • いろんなSNSに手を出してみたものの、どれも中途半端で十分なお客さんが集まらない
  • 広告からの集客ばかりでSNS集客も始めたいけど、日々発信するのがめんどくさくて三日坊主
  • SNSの運用代行などに依頼したけど、ただ投稿を代行するだけでフォロワー獲得も集客も結果的にできなかった
【X(旧Twitter)×AI】で
全て解決することができます!!

そもそもX(旧Twitter)は、テキスト(文章)がメインのSNSで最近までは最大140字までの投稿しかできませんでしたが、現在は「長文ツイート」も行うことができます。

それに他のSNSと比較しても

おすすめツイートやRTなどフォロワー外に投稿が表示される仕組みなので、フォロワー数が少なくても集客に繋げることができるんです。

実際にこちらもみてください↓↓↓
リツイートが171件で
4万以上表示されています
リツイートが63件で
2万以上表示されています
リツイートが451件で
6万以上表示されています

これらは全てフォロワー1000人以下のアカウントで、アカウント開設してから2ヶ月以内で集客することができます。

「でも…集客できても商品が売れないと意味がない!
質が低いんじゃないの」

と思われるかもしれませんが、AIを使えば長文ツイートなどの高度な投稿も作成できるので、濃いファン作りが他のSNSよりも簡単です。

だから、他のSNSよりも反応が多く取れて、商品も売れやすいんです。

またX(旧Twitter)の運用も全てAIを活用することで、従来のようにSNSの発信に日々時間をかけることなく、集客や売上アップを目指せます。

実際に私がAIに任せている部分を少し紹介すると・・

  • アカウントのリサーチ
  • アカウントのコンセプト決め
  • 商品開発や商品内容
  • 提供するコンテンツの制作
  • スライド資料
  • 短文のツイート作成
  • 長文のツイート作成
  • 画像生成

これらはほんの一部に過ぎませんが、AIを活用しX(旧Twitter)​​の運用をすることで従来と比較しても半分以下の労力で集客に繋げることが目指せます。

“X(旧Twitter)×AI”
の集客が選ばれる理由
理由1
AIを活用した運用

そもそもTwitterで集客する理由は、Instagramの画像やYouTubeの動画と異なり、AIとの親和性が一番高く、メインのコンテンツがテキストであるためです。

テキストであれば細かい条件をつけて毎回異なるコンテンツを作成しやすい

とAIとの親和性が高いです。

しかし、動画や画像の場合だと…

  • 一定のクオリティで頭打ちになる(テキストは上限がない)
  • 似たコンテンツになりやすくユーザーに飽きられてしまう

など、動画や画像生成の場合は、AIに任せるとクオリティが一定になり、似たコンテンツを生成してしまうため、顧客層にアプローチできるコンテンツの作成が難しくなる部分も出てきます。

しかし、テキストであれば細かく条件をつけたり、指示内容を大きく変更したりしやすいため、AIに任せやすいです。

なので、TwitterであればAIで

  • リサーチ
  • ツイート
  • コンテンツの作成

など、不要な外注費をかけずに、少労力でクオリティの高い運用ができます。

そのため、わざわざ時間をかけて自分でツイートを考える必要があまりなく、AIに作成を任せて運用するだけで、少ないフォロワーでも濃い見込み客が集められます。

理由2
拡散力が強いので少ないフォロワー数でも集客できる

InstagramやYouTubeは、Twitterのようにユーザーからユーザーへの拡散される仕組みにはなっていません。

Twitterは、フォロー・フォロワー同士でのネットワークが作りやすいため、InstagramやYouTubeと比較すると拡散力が強いです。

  • RT機能でフォロワーのタイムラインにシェアされ、瞬時にフォロワー外に表示される
  • リアルタイム性があり、ユーザー間のやり取り・拡散が活発でフォロワー外に届きやすい

Twitterは、さまざまな点でフォロワー外に自分の発信内容が表示・拡散されやすい構造となっています。

一方でYouTubeやInstagramは、Twitterのように外部に瞬時に表示されません。

そのためTwitterで集客するのであれば、少ないフォロワー数でもしっかり集客ができるんです。

X(旧Twitter)×AIを実践した方から
喜びの声
が続々と届いています!!
事例1
施術と合わせて500万円突破!!
(漢方セラピスト)
実践する前の状況

検索予約サイト(ホットペッパービューティー)とリスティング広告のみで集客

施術のみで自分の時間を切り売りする形でしかサービス提供ができていなかった

セラピスト養成講座の構想自体はあるものの形にできていなかった

Twitter×AIの集客メソッドを実践後

セラピスト養成の講座をローンチし卒業生に施術を任せられるようになり徐々に自分の時間も確保できるようになった!

そして施術と合わせて売上500万円を達成!

事例2
2週間のプロモーション期間で7人に成約
(キャリアコーチ)
実践する前の状況

コンテンツ作成してほぼ毎日Instagramで発信を続けるも、3ヶ月で2人にしか成約できなかった。

Twitter×AIの集客メソッドを実践後

わずか2週間の準備期間を経て2週間のプロモーション期間で7人に成約!

販売件数も9件に増えて売上270万円を達成!

事例3
毎月150〜200万円程度の売上が安定
(引き寄せコーチ)
実践する前の状況

ブログでコツコツ発信するもファネルの導線なし、紹介やお茶会など身内に、低単価でしか教えられない状況でした。

また、単発の低単価商品しか持っていないので、売上が安定しなかったです。

Twitter×AIの集客メソッドを実践後

ただ集客ができるようになるだけでなく、濃いクライアントさんばかりが集まってきてくれるバックエンド商品の構築ができたので、毎月150〜200万円程度の売上が安定するようになった

事例4
相性のいい外注さんにもたくさん出会えました
(Webデザイナー)
実践する前の状況

クラウドワークスのみで既存顧客に売上を依存していて、既存顧客の業種が偏っており、季節によって売り上げの波が激しい状況でした。

またHP経由で問い合わせが月1件あるかないかで新規顧客がまったく獲得できていなかったです。

Twitter×AIの集客メソッドを実践後

Webデザイナーとして受託で稼ぐ方法をコンテンツ化し新規問い合わせ増、既存顧客に依存しない体制作りができたのと、相性のいい外注さんにもたくさん出会えました。

プロフィール
株式会社コルモアナ 代表取締役
平本 健祐

早稲田大学卒業。

大手金融機関へ総合職入社。
中堅・中小企業様への法人営業に従事。その後、大手メガベンチャーへエンジニアとして転職。金融機関向け通帳・家計簿アプリ開発に携わる。

ブログやInstagramで情報発信をしてもなかなか、
売上が安定しない状態から抜け出すために、独自の集客の仕組み化を構築。

会社員副業時点で単月300万円を売り上げ。

半年経たずに法人化を実現し、
クライアントサポートに集中する日々を送る。

現在は、コンサルティング事業、システム開発事業、プロデュース事業など様々な事業を展開しながら、日々、ビジネスを楽しんでいる。