動画を埋め込む

WEBライターに興味はある
でも、こんな
悩みや不安を抱えていませんか?
  • 文章を書くことを仕事にできるイメージがない
  • 書く事を仕事にしてみたいけど学生時代に国語の成績が悪かった
  • 興味はあるけど、どうやってスキルを身につけたらいいかわからない
  • すでに多くのライバルがいる中で、自分も仕事を獲得できるか不安
  • センスのある人だけが活躍できる仕事だと諦めている

など。

WEBライターに興味を持ったけど「なかなか一歩を踏み出せない」と悩んでいる人も多いと思います。

確かに新しいことにチャレンジするのはとても勇気がいることだと思いますし、WEBデザインの方がいいか?動画編集の方がいいかも?と検討してしまう気持ちも分かります。

その中でも、あなたはこんなことを考えていませんか?

WEBライターになりたいけど
AIでも文章が書けるから
今からの参入は遅いのかも…

確かに今では「chatGPT」を活用したツールなども多く販売していて、文章もAIに任せればかけてしまうのも事実です。

一般的にみたらAIに文章は任せられるのでWEBライターの仕事はなくなるとも言われています。

ですが、実際は違います。

なぜなら、AIで文章を書くことはできますが、

  • SEOに評価される文章
  • 人の感情を動かす文章

を書くことはできません。

その理由として、Googleが記事の質を判断する要素に、E-A-Tというものがあります。

  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trustworthiness(信頼性)

これらの要素は、ユーザーに満足できる検索結果を提供するための指標のひとつです。

より正確な信頼できる情報を提供しているかが上位表示の判断基準になるので、E-A-Tのいずれかも満たしていないAIが書いた記事でSEOで上位表示するのは難しいです。

また、SEOでは一次情報を重要視しています。

一次情報とは「自分が直接体験をすることで得た情報、もしくは自ら行った調査や実験で得た情報」のことです。

これはAIには書けません。

つまり、もっともSEOで重要な部分をAIでは書くことができないために、AIで書いた記事は品質面で評価されません。

そのため、SEOに最適化された記事を作りアクセスを集めたり、人の感情を動かして商品を買いたいなど変化させることに対して、最終的には人の手を入れる必要があります。

AIに任せた文章を作れても
薄利多売となり
WEBライターとして稼げません

AIを使えば、ある程度の文章生成や文章要約、自動返信メールや報告書の作成などと簡単な業務の自動化が行えるようになりました。

ただし、高度な文章表現や、特定の分野に特化した文章の生成など、より複雑なタスクにはまだまだ限界があります。

また、AIには、論理的思考や感情表現などの人間特有の要素を反映することは難しく、文章のクオリティーや情報の正確性に関しては、人間の方が優れています。

それでも、AIまかせでコンテンツを量産することが目的の案件もクラウドソーシングサイトで見かけます。

しかしながら、ライティングの効率が上がった分だけ単価は下がっているのが現状です。

たとえ、こういった案件を30分で仕上げたとしたなら、30分で千円もらえるので割の良い仕事かもしれません。

ですが、こうした仕事がいつまでも存在し続けると思いますか?

実はもう終わりかけています。

すでにAIツールで記事を量産しても意味がないと感じ始めている人もいるようで、AIが書いた記事を人の手で修正する仕事も出てきています。

結局のところ、いくらAIを使ってみても最終的には人の手で記事を魅力的にする必要があるということです。

それためには、WEBライティングの知識やスキルを持っている必要があり、スキルが無ければ魅力的な文章に修正することはできません。

結果として、単価をどんどん上げて自由な時間を獲得できるWEBライターと、薄利多売で一日中働き続けなければならない低単価WEBライターに分かれてしまうのです。

WEBライターとして
目指してはいけない
”3つの事”があります。
理由1
AI任せの人の心を動かせないライティング​​

AIにできないことでWEBライティングにもっとも必要なことは、人の心を動かすことです。

「人は感情でモノを買い、理屈で正当化する」という言葉があるように、私たちが行動するキッカケとなるのは、感情が動いたときなのです。

すべてのコンテンツは、最終的には自社の商品やサービスへ誘導するために使うものなので、人の感情を動かすライティングができるかできないかでWEBライターとしての報酬の格差は広がってしまいます。

例えば、あなたは依頼者だとして、

  • AIで買いた感情が変わらないような文章
  • 人の手で書いた感情が動くような文章

ではどちらに仕事を依頼したいと思いますか?

特に、その記事からの集客や成果などを考えたときには、記事の質が低ければアクセスも集まらないので意味のない記事になってしまいます。

なので優秀な依頼者であれば、ほとんどの方は単価が高くてもアクセスが集まったり人の感情を動かせる記事を求めているんです。

つまり、これからWEBライターを目指すのであれば、AIにライティングをさせるためのプロンプトを学ぶのではなく、人の心を動かすライティングを学ぶべきです。

AIはあくまでも作業を効率よくするためのツールにすぎません。

理由2
0から全てを自分で書こうとしてしまうこと

初心者WEBライターのおかしがちな間違いのひとつに、0から自分で書いてしまうというものがあります。

白紙を目の前にペンを手にしても「何から書けばいいかわからない…」となり、一向に書く手が動きません。

ようやく書き出したとしても書いては消してを繰り返し、多くの時間を無駄にしてしまうことさえあります。

この0から書くという行為そのものが初心者にWEBライティングを難しく感じさせている原因です。

優れたWEBライターは、0から文章を書くのではなく下地をAIに書かせて、その後で自ら修正をします。

その方が書くべきことが明確であり、作業時間を大幅に短縮できるからです。

WEBライティングは、国語の点数が悪かったとか、文章力に自信がないということは関係なく、書く前の準備ができていないだけになります。

もしあなたがWEBライターを目指すのであれば、0から全てを書くのではなくて効率的に質の高い記事を書くことを目指していく必要があります。

理由3
ライティング力だけ磨いて営業を学ばない

どれだけ優れたWEBライターであっても、仕事がなければ稼げません。

世の中にはWEBライティングを教える教材や講座はたくさんあっても、肝心な営業について教えてくれる場所はほとんどないのです。

その場合どうなると思いますか?

スキルはあるけど仕事の受注ができないので、本来目的だった収入をライターで稼ぐことはできませんし、営業も今までの人生でやってこなかった人からすればとても難しいと感じてしまいますよね。

なので、WEBライターで収入を得ようと思った場合には「営業もセット」で考えないと、ライティング力は向上しているのに仕事が取れず、たいして稼げていないWEBライターになってしまいます。

参考:フリーランス白書

実際にライティング力を磨いてフリーランスになったものの、会社員のときよりも年収が下がっている人も多いです。

ですので、ライティングスキルを身につけたからといって独立してしまうと、痛い目にあって「会社員のときの方が楽だった…」と後悔することになります。

WEBライティング力の向上は大切なのですが、同じくらい大切なのが営業力であり、圧倒的なスキルを持つWEBライターより、ライティング力はそこそこでも営業力がある人の方が稼げています。

仮にこれができていないまま
WEBライターを目指しても…

ここまでお伝えしてきたことは、実際に私がプロのWEBライターとして活動できるようになるまでに、失敗から学んだ知識です。

ですので、素直に取り入れることで私みたいな失敗を避けることができますし、WEBライターとしての成功までを時短することができます。

しかし、素直に取り入れず理解しないままWEBライターを目指したとしたら、あなたもかつての私と同じように、週7日1日12時間と机の前で執筆をするも、会社員のときよりも収入が低く、常に案件が途絶えることに恐怖を覚えるようになります。

お金・時間・労力を使ったけど、収入面では今と何も変わっていないどころか、逆にマイナスとなっていることさえ考えられるのです。

これは、あなたが求める理想の姿でしょうか?違いますよね。

あなたは、WEBライターに興味をもったからこそ、このページにたどり着いたのだと思います。

そんなあなたに私は・・・

「AIライターになろう!そうすれば楽して稼げるよ!」

とか

「WEBライティングを学べば会社員の収入を簡単に超えられるよ!」

なんて嘘をつきたくないので、真実をお伝えしています。

最も大事なのは、
人の心を動かす
伝わるライティング力

を身につける事です

「人は感情でモノを買う」という話をしたとおり、人の心を動かすライティング力を身につけることができれば、さまざまな場面で売れる文章が書けるようになります。

たとえば、SEO対策では一次情報となる体験談が大切だとお伝えしましたね。

もしその体験談が人の心を動かすものだったなら、どんどん読み手を行動に駆り立てることができます。

それだけでなく、記事への滞在時間が伸びて直帰率が下がるので、SEOに良い影響を与えることが期待できるでしょう。

また、商品やサービスへの誘導が目的となるセールスの場面では「私にはそれが必要だ」と感じさせることができるようになり、あなたが薦めたものがガンガン売れていく…なんて現象を起こすことも夢ではありません。

そんな、人の心を動かす伝わるライティング力を身につけることができれば、クライアントに求められる人材となるので、仕事が途切れることもなくなります。

継続的に仕事の依頼もくるし、あなたを手放したくないクライアントは単価も上げてくれるようになるでしょう。

親しくしている他の企業も紹介してくれるなんてこともあるかもしれません。

「AIを使って記事が書けます」より「人の心を動かす記事が書けます」の方が、よっぽど魅力的だし、お金になるスキルなのです。

本物のライティング力がある上で
AIを活用すること
時給単価を2倍以上にできます

これからもWEBで活躍し続けられるライターは、AIで記事を書くライターではなく、本物のライティングスキルを身につけた上で、AIを活用できるライターです。

AIはあくまでも作業を効率よくするためのツールなのです。

たとえば、ライティングをする上でもっとも時間をかけるべきリサーチの作業にAIを活用すれば、リサーチ時間を大幅に短縮することができます。

記事の構成をAIに考えてもらった上で執筆まで行ってもらい、最終的に記事全体を魅力的に修正するだけなら、執筆時間はこれまでの三分の一ほどになるでしょう。

このようにAIは、これまで時間のかかっていた作業を代わりにやってくれるので、一人で作業をするよりも時給単価は2倍以上になります。

これが正しいAIの使い方です。

大事なことなので、もう一度お伝えします。

それもこれも本物のWEBライティング力がある上での話です。

WEBライティング力がなければ、AIが正しいリサーチ、文章構成や執筆を行ってくれているかもわからないのですから・・・

本物のライティング力を
身につけた方は
案件の依頼が殺到しています
本物のライティング力がある上で
AIを活用すること
時給単価を2倍以上にできます
STEP1
人の心を動かす伝わるライティング力を身に付ける

WEBのライティングは、すべて何かの行動を起こしてもらうためのものです。

そのためには、人の心を動かす伝わるライティング力が必要不可欠になります。

なぜなら、ライティング力があれば、

  • SEO対策された文章
  • 集客や購入に繋がる文章
  • YouTube等の動画台本
  • X(旧Twitter)等の文章

など

記事を書くこと以外にも、様々な案件で仕事をすることができますし、その先で言えば「クライアントの成果の出る記事」が理想です。

案件を受注できても、

  • アクセスが集まらない記事
  • 求めているレベルよりも低い文章
  • AIで書いたような機械的な文章

など依頼者の期待値以上の文章が書けなければ継続的に案件の受注をすることができませんし、単価もあげることができません。

仮にあなたが依頼者の場合に、自分の期待値よりも高い文章を書いてくれる人がいたらどうでしょうか?

多少単価を上げてでもこの人にずっと依頼したいと思いますが、逆にそうならなければ

「他の人に依頼すればいい」ときっとなりますよね。

なので、WEBライターとして

  • 単価を上げる
  • 継続的な依頼を受ける

といったことまで考えると、ただ文章を書けるのではなくて、「人の心を動かす伝わるライティング力」を身につけることが重要になります。

STEP2
AIを活用したライティング術を身に付ける

人の心を動かす伝わるライティング力を身につけたなら、あなたはどんな文章が良くて、どんな文章が駄目なのかがわかっています。

そうしたら次は、AIを使って作業時間を短縮させつつ効率の良い執筆を行っていきましょう。

というのもAIを使った文章で100点を目指すことはできませんが、0から50点や60点くらいの文章は作ることができます。

ですが、ライティング力がなければ、これが50点や60点の文章だと気づかないので、そのままクライアントに納品をしてしまうわけです。

特にAIは、伝え方ひとつで抽出される返答が大きく変わります。

なので、本質的にライティングを理解することができていれば、0から50点や60点までの

  • リサーチ
  • 文章構成
  • 執筆

といった部分をAIに任せて、その土台が作れた上で自分自身で文章をブラッシュアップしていき、100点の質に仕上げることができます。

今までは、このようなAIの活用ができなかったので0から全てを自分でやらなければいけなかったですが、AIを活用できれば同じ質の記事でも半分以下の時間で仕上げることが可能です。

なので、AIに全てを任せるのではなくて「AIを活用したライティング術」を身につけることを目指していきましょう。

STEP3
案件獲得し実践しながらもスキルの向上&報酬単価アップ

人の心を動かす伝わるライティングを身に付け、AIを活用して効率よく仕事をこなせるようになったら、WEBライターとして案件を獲得して収入を得ていきます。

実際に案件を獲得してその条件や求められていることを理解して文章を書いていくには実践ベースで経験を積み上げていくしかありません。

なので、STEP1と2で基礎を身につけた上で実践しながらも、自分自身のライティング力やAIの活用といったスキルをさらに向上させていきます。

特にその中でも大事になってくるのが、

  • 単価の高い案件の受注
  • 継続依頼をしてくれるクライアント

になります。

WEBライターで稼げない人は営業が苦手やできないケースが多いですが、その原因として「継続して依頼してくれるクライアントがいない」ことが1つあります。

要は受注しても単発で終わりになるので、新しいクライアントを探すことを繰り返ししなければいけません。

逆にどうでしょうか?

毎月継続的に依頼してくれるクライアントが数名いたら?それだけでも毎月の収入は安定していきますよね。

また、それに加えて単価を上げていければ少ない案件でも収入を上げることが可能です。

要は「クライアントの求めている以上の文章を書ける能力」がセンターピンとなっていて、これがあるから上記のような好循環が生まれます。

これがスキルがない人であれば、

  • 新しい案件を受注し続けないといけない
  • 受注できないから単価を下げる
  • 薄利多売になり収入は増えないが忙しい
  • 余裕がないので文章の質も低いまま

のような悪循環になってしまいますので、そうならないためにも「人の心を動かす伝わるライティング力」を身につけた上で好循環で働けるWEBライターを目指す必要があります。

3つのステップで
実際にWEBライターになった方から
嬉しい感想をいただきました
人の心を動かす伝わる
ライティング力×AI活用で
最短2か月で月10万円の副収入を
得る方法を徹底解説した…

ここまで読んでいただけたということは、きっとあなたは本気でWEBライターを目指すことに興味があるのだと思います。

そして、これまでいくつかのWEBライティングの講座なども比較検討してきたことでしょう。

しかし、選択をひとつ間違えてしまうと食えないWEBライターになってしまいます。

そうはなってほしくないので、本気でWEBライターを目指そうとするあなたのような方のために、未経験者が最短2ヶ月で10万円稼げるライターになるためのロードマップを解説した「ライカレ体験セミナー」を無料で開催しようと思いました。

私も今でこそプロのWEBライターとして、お金に困らない生活ができるようになりましたが、駆け出しのWEBライターの頃は、案件が獲得できずに生活費もままならず、借金も増え常にお金の心配をするような日々が続きました。

だからこそ私自身が

「あの苦しい時代に、こんなサービスがあったら何度も挫折せずにスムーズにライティングスキルと仕事を獲得できたのに・・・」

と思うような、WEBライティング・AI・営業方法の知識をまるっと詰め込んだセミナーです。

この体験セミナーの内容を一部公開すると・・

✔︎ WEBライターとして最短2か月で月10万円を稼ぐため手順
✔︎ AIでは書けない人の心を動かす伝わるライティング法
✔︎ 時給単価を倍にするAI活用の最新事例
✔︎ 初心者でも高単価で案件獲得を目指すためのポイント
✔︎ 一人のクライアントからリピートされ続けるための方法
✔︎ 月5万円以上の受注を継続的に受けるためのポイント
✔︎ WEBライター初心者でも最短2週間でプロ並みの記事を書く方法

体験セミナーに
参加することであなたは…
  • 将来への漠然とした不安を解消するヒントを見つけられる
  • 一生食いっぱぐれのないスキルが何なのかがわかる
  • 人間関係のストレスから解放された働き方が目指せる
  • 今の仕事をしながらステップアップできる
  • 好きな場所で好きなときに働けるチャンスをものにできる
  • 労働時間や休暇を自分で決められる生き方ができる
  • 会社に依存せず収入源を増やしていけるようになる
  • 副収入や独立が射程圏内になる

このように、WEBライティング・AI活用・営業方法の3つの柱で、自分の人生を大きく変えることができるようになります。

ライカレ体験セミナー
参加者限特典を用意しました
特典1
初心者からプロへ
月10万円を稼ぐためのライティングガイド
特典2
高単価で受注を目指すための
クライアントを魅了する提案書作成術
特典3
AIを活用しライティングの時間を
約50%軽減するテクニック
特典4
初心者でもAIを活用できる
プロンプト事例~7選~
特典5
WEBライターで月10万円の収入を
実現するための案件法
ライカレ体験セミナー
の参加費用について

「ライカレ体験セミナー」の参加費用ですが、正直悩んでおりました。

というのも、この体験セミナーに参加するだけで、ライティングのノウハウはもちろんのこと、AIをどのように使って作業効率を高めていくのか、さらに営業方法に至るまでがわかります。

通常なら、すべて別々に学ぶ必要があり、AIをWEBライティングで活かす方法や、WEBライターに特化した営業方法について教えてくれるところは、まだまだ少ないのが現実です。

ですので、もしあなたがセミナーに参加してノウハウを知ることができれば、すでに活躍しているWEBライターたちを一気に追い抜いてしまえるぐらいの濃く貴重なノウハウになっています。

なので、2ヶ月で10万円を目指せるセミナーであるなら、先行投資としてその半分の5万円をいただいたとしても、決して高くはないです。

ですが、この体験セミナーへの参加費用は

LINE登録者限定
無料特別招待

ですが、無料だと「なんか裏があるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

正直いうと…はい、あります。

もし、あなたが今回のセミナーをきっかけにWEBライティングを学び、ライターデビューをしてスキルを向上し続けてくれたなら、私が抱えている案件を振れるかもしれないからです。

良いライターを抱えれば、私はライティング業務から外れて仕事を獲得することに専念して楽ができます。

WEBライターを目指す人にとっては案件を獲得することもできるので、お互いにWin-Winな関係が築けると思っています。

そんな思惑があるからこそ、今回は無料とさせていただきました。

ただし、参加費が無料でダラダラと募集をしていると、ひやかし半分で参加する人も出てきてしまいます。

そうならないように、本気で真面目な方だけに参加してほしいので、応募人数は先着順とさせていただきました。

本気でWEBライティングで、まずは2ヶ月で10万円、その後に20万、30万と稼いでいきたいとお考えなら、ぜひあなたのご参加をお待ちしております。

よくある質問
Q
「ライカレ体験セミナー」とはどんなもの?

A:ZOOMというアプリを利用してオンラインで行うセミナーです。全国どこからでも参加できるので、たとえ遠方にお住まいでも人の心を動かすライティングやAIの活用方法、営業方法などを学ぶことができます。

Q
まだWEBライターになろうと決めていませんが、それでも応募できますか?

A:申し訳ありません。今回は本気でWEBライティングを学びたいという方を優先しています。ですがWEBライティングに興味を持っていて、内容次第では始めてみたいとお考えであればご参加いただけます。

Q
次に開催する時期は決まっていますか?

A:次の開催予定は、未定です。当分はお申し込みされた方一人ひとりに手厚いサポートをしていきますので、次はいつ開催できるかわかりません。もしかしたら、もう募集はしないかもしれません。今すぐに解決したい課題を抱えている方は、ぜひすぐにお申込みされることをお勧めします。

Q
体験セミナーでは理解できなかった場合、サポートはしてもらえますか?

A:体験セミナーでお伝えする方法を行うにあたり、1人では不安という場合は、別途詳しく学べるプログラムのご案内もしています。

Q
体験セミナーは途中退出できますか?

A:止む終えない場合に限り、説明会の途中退出は可能ですが、あらかじめ予定をあけてご参加ください。本気の方だけに伝えるために枠を限定していますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

Q
特典だけはもらえますか?

A:体験セミナーに参加された方には特典を付与しています。しかし、特典目当てでの参加はご遠慮ください。本気でWEBライターを目指して、スキルを習得しながら2ヶ月後には月に10万円の副収入を得たいと考える方だけに参加していただきたいです。

プロフィール