動画を埋め込む

年商を今の2倍以上にするには
「もっと自分が頑張らないといけない」
と勘違いしていませんか?

あなたは、おそらくこれを見て、

  • 一人でやっているため売上の天井をぶち破れない
  • どのような採用がいいのかわからない
  • 忙しすぎて5年後10年後の見通しが立てられない
  • 自分以外の人にどの部分を任せていいかわからない

などと思っているかもしれません。

そして、こんなに頑張っているのに、どうして売上を上げることができないのかと、ひとり悩んでいるのではないでしょうか。

実はそれ、頑張るベクトルが間違っているのです。

「売上を上げるためにはもっと自分が頑張らなければ」と思っていませんか?

社長1人の労力に限界を感じていて
自分の分身ができればいいのに…
と思っているかもしれません

あなたは今までのやり方に限界を感じているかも知れません。

だからこそ、もっと色々なことを学ばなければと頑張っているのでしょう。

確かに、一般的には

  • 組織化を学ぶための講座やコンサルティング
  • とりあえず外注など採用を試してみる
  • 経営コンサルティング
  • 書籍などで採用や組織化について学ぶ

などがあります。

試された方も多いと思いますが、それでは一時的に良くなっても本質的な改善にはなりません。

なぜなら、人間の行動を支配しているのは知識ではなく、思考・習慣・マインド・潜在意識だからです。

これらが総合的に変化しないと、行動も劇的には変化しないのです。

もし今のまま一人経営が続くと、

  • 仮に自分が病気や怪我、事故などに遭えば、事業の全てがストップする。
  • 自分がストップすると、クライアントはいなくなるし事業の売上や積み上げたものも全て失う
  • 年商増加や事業拡大ができない、しようとすると自己犠牲がさらに大きくなる

といったことが起きてしまいます。

採用や組織化などの知識やノウハウより
「社長自身の内面的な問題」
が影響している可能性が高い

そもそも年商が上がらない・事業をスケールアップできない根本的な一番の原因は「社長自身の問題」がほとんどです。

ビジネスモデルや集客なども一因かもしれません。

しかし、知識やノウハウで採用や組織を学んでも、それが直ちに実践に繋がるとは限りません。

なぜなら、これまでの経験から形成された「思考の歪み」が実践を邪魔するからです。

「思考の歪み」の例

1.売上を増大させるには社長である自分が頑張るしかない。

2.売上を倍増させるには自分が2倍頑張るしかない。

3.自分が一番忙しくしないと社員に示しがつかない。

4.自分がトップセールスマンとして頑張るしか方法がない。

これらを払拭せずに、ただ知識やノウハウだけをいくら学んでも、思考の歪みの基盤の上に頑張ろうとするので、問題は依然として解決されないのです。

なぜ外注や採用など人に仕事を任せて
事業のスケールアップできないのか?
3つの理由があります
理由1
自己肯定感が低いこと

実は社長自身の自己肯定感が低いことも、大きな原因になっています。

「地位も仕事の能力も自分が一番でなければならない」というマインドを持っていると、組織化に強い抵抗が生まれます。

なぜなら、潜在的なライバルや自分よりも優秀な社員を雇ってしまう可能性があるからです。

これは無意識のものなので、自分の中にそんな気持ちがあることに気が付かずに、一人でどこまでも頑張ってしまいます。

このような方は、無意識下に「事業が成功している人=優秀な人」という図式を持っているかも知れません。

この図式を持っている多くの経営者は、

  • 今のままではこれ以上成長できないということを受け入れられない
  • 「こんなはずじゃない…」と現実から目を背ける
  • 「できていない部分」ばかりにフォーカスしてしまう
  • 認めてしまうと自分の地位が下がってしまう(またはプライドが侵される)

という現状を握りしめている形です。

 

理由2
お金に対するマインドブロック

表面的には事業を伸ばしたい・年商を上げたいと思っていますが、内面(潜在的な部分)ではお金に対するブロックがあるため、なんらかの理由をつけて現状をキープしている場合もあります。

例えば「節約マインド」です。

初期投資や継続的な人件費など目先の出費を恐れるあまり、一人でなんでもこなそうとして事業の成長が停滞し、機会損失や売上の上限に直面してしまいます。

また、お金のブロックには自己肯定感も絡んでいます。

「こんな自分にはこの程度の収入が相応だ」と無意識に思っている場合です。

「今の自分を変えたくない」という心理も原因の1つです。

なぜなら、変わらないほうが楽だからです。

一人でなんでもやるのは苦しい反面、新しい挑戦をするくらいなら経験上分かっていることをやり続けるほうが楽だと思ってしまいます。

規模拡大や人員採用、新規開発は未知のこと。

組織や事業の在り方、働き方を変える必要が出てくるかも知れません。

こういった変化を無意識に恐れていると、変化できないのです。

理由3
外注や採用などに対してのネガティブなイメージ

外注や採用などに対してのネガティブなイメージも、事業スケールアップの阻害要因です。

自分以外の誰かに重要な業務を委ねることができないのは、リスクを考えて不安になるからです。

以前、品質の悪さや裏切りなど、採用や外注で失敗したことがあると、他人に任せることに二の足を踏んでしまいます。

しかし、人を信用できないということは、裏を返せば自分を含む人間全般を信用できないということにほかなりません。

実は、自分へ向けるマインドと他人へ向けるマインドは同じものです。

したがって、人を信用できないマインドを持っていると、外注するにしても採用するにしても、信用していない相手とともに仕事をしていくことになります。

このままではうまくいくはずがありません。

事業のスケールアップをするには
【社長自らの
潜在的なブロックの解消】
で解決できます!

結論からいいますと、社長の潜在的なブロックを解消すれば、事業をスケールアップすることができます。

行動を支配するのは「分かっていることよりも、体に染み付いたこと」

つまり、知識より潜在意識や思考の習慣を変えていくことが重要なのです。

すでに経営歴や売上があるにも関わらず事業がスケールアップしないのは、社長の潜在意識の中に「自分のレベルはこの程度」と自らの成長の可能性を諦めている場合があります。

また、そもそも経営を仕事にしているにも関わらず、「お金儲けへの抵抗感」が邪魔している場合もあります。それらを払拭しなければ、スケールアップは望めません。

「では、人に任せて年商2倍・3倍へのスケールアップは目指すには?」

その答えは、組織化や経営・採用などの情報を学ぶのではなく、

それらを現実化できていない「社長自らの潜在的なブロック」を外すことが、最も優先すべきで、かつ重要です。

そもそも社長自らの潜在的なブロックとは何でしょうか?

まずは、社長の潜在意識にある以下のような負のスパイラルに気づくことです。

【負のスパイラル①】

自己不信
 ↓
他己不信
 ↓
委託先や従業員を信用できない
 ↓
結局一人で頑張るしかない

【負のスパイラル②】

潜在意識にあるお金を稼ぐことへの抵抗感
 ↓
意識的には稼ぎたい
 ↓
(ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる状態)
 ↓
前には進まずエンジン(心身)が疲弊

これらを手放せしてはじめて、事業のスケールアップは実現可能となるのです。

実際に私も同じように
社員など人に任せることができずに
休みなく働き続けていました…

でも、ご安心ください。

なぜならそれは、私自身の悩みでもあったからです。

今でこそ、年商1億円超えの福祉事業会社の代表をしていますが、かつては私もあなたと同じか、それよりひどい状況でした。

32歳で福祉施設の施設長になりましたが、スタッフへの傲慢な態度から、施設長であるにも関わらず解雇され、うつ病になりました。

心機一転44歳で起業しましたが、売上が一向に伸びず、借金は5,000万円を超えました。

会社の経営が苦しいのに社員には格好をつけたくて、僅かながらの賞与を支給し赤字が増大。

社員からは「自分たちのせいで赤字になったと言われても困る」と怒りを買う始末…。

借入先がなく、倒産を回避するためにやむなく行政からの委託金を担保に、高利貸から借金をしました。しかし、社員に一切相談しなかったため、社員の怒りは頂点に。

私が社員や会社のためを思ってやったことは、すべて裏目に出てしまったのです。

経営者会議は毎回、オーナーである私を吊るし上げる場になっていました。

そんな地獄のような日々から抜け出したくて、私は100時間にも及ぶカウンセリングを受け、傾聴やコーチングを同じく100時間かけて学びました。

その結果、

  • 思うような会社経営ができなかったのは、根底に自己不信があるからだ
  • 死ぬほどお金がほしいにも関わらず、自分に十分な報酬を与えることに後ろめたさがある

ということに気づいたのです。

そして、「自分を十分に尊重してあげることが幸せのはじまりだ」

と思い至りました。

この100時間のカウンセリング後、おかげさまで会社は順調に回るようになり、社員たちの力で売上アップや事業拡大を果たすことができました。

今では資金繰りに頭を悩ますことなく、新たな経営計画と新事業の展開に集中できるようになっています。

そして、これはあなたにも当てはまると思っています。

どん底からの再起を経験したことがあるからこそ、私はあなたを導けるのです。

社長自らの潜在的な
ブロックの解消で
解決できる3つの理由
理由1
促進要因が機能しだすから(自分自身の行動)

ブロックを外すと問題を解決できる1つ目の理由は、元々持っていた力が正常に機能しだすからです。

行動を妨げていたブロックを解消すると、自分を変化させる行動ができるようになります。

なぜなら、元々あった行動力が威力を発揮するからです。

あなたは起業するほどパワーのある人なので、元々はとても行動力があるはず。

今まではブロックを言い訳に、無意識に行動できなくなっていました。

しかし、ブロックがなくなれば、水を得た魚のようにイキイキと行動できるようになります。

 

理由2
稼ぐことへの抵抗感も払拭される
(自分自身のお金・事業・収入に対する問題の部分の解消)

お金のブロックが外れると、稼ぐことへの抵抗感も払拭されて売上の天井がなくなります。

今までは潜在意識がお金にリミットをかけていましたが、ブロックが外れることにより、稼ぐためのリミットも外れるからです。

例えば年商1,000万円だった社長は、年商3,000万円になるために、不足なキャパシティを解消する新たなアイデアが生まれてくるでしょう。

以前、商品開発で失敗しトラウマがあった人は、ブロックを外すことで再びチャレンジする意欲が湧いてきます。

その際、今までリミッターとなっていたお金へのネガティブな思いは、もうありません。

前だけを向いて、どうすればより稼げるようになるかだけを、純粋に考えられるようになり、自信を持った経営が行えるようになります。

結果として、自然と売上向上に繋がるのです。

このように、成功事例を参考に自己の限界を再設定すれば、自信を持って投資することができ、大きなリターンを得られる可能性が高まります。

理由3
委託先や従業員を受容し、高評価できるようになるから
(他人に対して期待値)

社長自らの潜在的なブロックを解消すると、外部の人や従業員への評価や対応の仕方が向上し、事業の成長も加速します。

なぜなら、自ずとお互いのリスペクトや信頼が生まれてコミュニケーションが円滑になり、社員がまとまり同じ方向を向くなど、良い流れの循環ができるからです。

以前の自己評価が低いままでは他人への評価も低く、期待値も低かったでしょう。

もし期待通りの仕事をしてくれたとしても、「できて当たり前」と評価をしなかったかも知れません。

しかし、自己評価が高まると他人への評価も高まり、自分を信頼するように相手のことも信頼できるようになります。

人に仕事を依頼したり重要な仕事を任せたりする際も、的確な判断ができるようになり組織全体の能力を最大限に引き出すことが可能となります。

外注先の能力も正しく評価することで有効活用することができ、プロジェクトがスムーズに進行して良い結果へと繋がるのです。

仮に自分一人だけで
今の事業を拡大しようと思っても…

ですが、これらのポイントをいくら頭で理解していても、社長自らの内面や潜在的なブロックは容易に解消することはできません。

ましてや、

  • 組織化を学ぶための講座やコンサルティング
  • とりあえず外注など採用を試してみる
  • 経営コンサルティング
  • 書籍などで採用や組織化について学ぶ

など表面的な部分を学んでも、根本的な解決ができないことがほとんどです。

そして、

  • 売上を増大させるには社長である自分が頑張るしかない。
  • 目先の忙しさにとらわれて5年先10年先の見通しが立てられない
  • 事業をスケールアップしたいが一人では限界がある
  • 仮に自分が病気や怪我、事故などに遭えば、事業の全てがストップする。
    するとクライアントはいなくなるし、事業の売上や積み上げたものも全てなくなる
  • 年商増加や事業拡大をするには自己犠牲を増やすしかない

というような状態が続いてしまう可能性があります。

もしこの先も「潜在意識からの根本解決」をしなければ、ブレーキを踏んだままアクセルをふかし続ける状態が続き、売上が伸び悩む、心身が疲弊するなど、今の状態が悪化するか、よくて現状維持のままです。

そこで…

一人社長で売上の限界を感じている
状態から人に任せて
年商2倍・3倍のスケールを目指す
「サービス名」

個別オンライン体験会

ここまでお読みくださったあなたは、「現状を打破して事業をスケールアップさせたい」と切に思っていると思います。

しかし、もしかしたら、

「潜在意識なんてそんな簡単に変わるものなのか?」

「潜在意識を変えただけで本当に稼げるようになるのだろうか?」

「自分が変わったからといって社員たちまで変えることはできるのだろうか?」

などと思ったかもしれません。

確かに潜在意識や自己肯定感などは心理学の領域で、経営とは直接関係あるものではありません。

しかし、考えてみてください。

スティーブ・ジョブズなど著名な実業家の多くは、自分の内面を整える瞑想などを取り入れています。産業心理学や経営心理学もあるほどです。

私も今でこそ、従業員を信頼して重要な事業を任せていますが、以前はなかなか人に任せることができなくて、失敗ばかりしていました。

そんな中、カウンセリングや傾聴といった心理学と出会ったのです。

心理学を活用した結果、従業員と円滑な関係を築くことができて、会社を立て直し、さらなる事業拡大に乗り出すことができました。

私の体験を元に、一人社長が成功する方法をひとつにまとめたのが、この個別相談会です。

この個別相談会に参加して、ぜひ事業のスケールアップを目指してください。

「サービス名」
期間限定で無料招待します

実はこのサービスはかなり人気で、紹介や一部の方だけの案内だけで毎月依頼も多く、制作のほとんどをやる関係で並行して進められる人も数名程度になります。

ですが、今回・・

数名だけ余裕が出たので
募集します!!

申込方法に関してですが、一度zoomで現状のビジネスモデルなどビジネスの状況などの話を聞かせていただきます。

その上で具体的なスケジュールや内容などをお伝えさせていただきます。

ですが・・

私は成果を出すためにやっているので、やる気があって、かつ参加費用を出せたとしても、一緒に関わって成果の出せるイメージがない場合は断らせていただきます。

産業カウンセラーや知識を教える専門家ならいくらでもいますが、私の場合はあくまでも成果を出すことがゴールになるからです。

個別相談の段階で成果の出るイメージがお互いなければ、一緒に進めてもいい結果にならないので、個別相談に参加したからといって確実にサービスを受けられるわけではないです。

それに数名しか今回は受け付けることができないので、

先着で決まったら
募集は終了
とさせてもらいます。

事前アンケートの回答をした上で予約日時にzoomで現状のビジネスモデルなどビジネスの状況を聞かせていただき、方向性やスケジュールなど具体的な話をさせていただきます。

なので、もしあなたが

  • 仕事を人に分担し、自分はやりたいことに集中したい
  • 自分の希望より2倍3倍の売上を出したい
  • 頑張らなくても売上が上がるようになり、時間に余裕を持ちたい
  • 社員が勝手に成長してくれるような理想の会社にしたい
  • 事業を拡大し、やりたいことを思うがままに実現していきたい

と少しでも感じているのであれば、まずは個別相談に参加して話を聞かせてもらえればと思います。

▶︎今すぐ無料で申し込む
申し込みの手順について
さらに参加者限定で
豪華特典を無料プレゼント
特典1
特典2
特典3
特典4

特典5

▶︎今すぐ無料で申し込む
よくある質問
Q
「個別相談・個別体験会」の所要時間はどれくらいですか?

A:最大90分ほどを予定していますので、日程を予約する際など90分ほど余裕を見て日程の予約をお願いします。

Q
「個別相談・個別体験会」の開催はオンラインですか?

A:はい。zoomを使用してオンラインで開催をします。

Q
申込から当日の参加までの流れを教えてください。

A:まずこちらのページから申込をしていただき、日程の予約・事前アンケートの回答をしていただきます。その後に当日のzoomの参加方法やURLなどをメールかLINEで送りますので、予約日時になりましたら案内に従ってzoomにご参加してください。

Q
商品を売り込まれないかが心配です。

A:ご安心ください。お客様のご状況がわからないままにご提案をすることはありませんし、希望する方だけにご提案をしています。

Q
契約を迫られることはありませんか?

A:ございません。もちろん弊社のサービスは自信をもってお薦めできるものと考えておりますが、すべての方に最善のものとは限りません。しっかりとご検討をいただいたうえでご判断いただくことが重要と考えております。

プロフィール
株式会社浩仁堂代表取締役
合同会社マージナル代表取締役
直志 浩仁

経歴

・毎日新聞
・新聞赤旗
・TBSラジオ(2回)
・産経新聞