※配信が不要な場合はすぐにブロックすることが可能です

動画講座も無料プレゼント!!

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

動画講義の内容
  • 広告収益のみで4億7615万円を達成した事例
  • YouTube運営を後回しにし続けてしまうと…
  • 集客できる前に挫折をしてしまう3つの理由
  • 濃い見込み客を300人以上集客する方法
  • 撮影しないYouTube運営で見込み客を集客するための5つのポイント

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

受け取りまでの流れについて

※配信が不要な場合はすぐにブロックすることが可能です

さらに参加者限定で
豪華特典を無料プレゼント
特典1
特典2
特典3
特典4
特典5
YouTubeで集客したいけど
台本作成や動画収録を
継続できない

と諦めていませんか?
  • 動画台本や収録など動画投稿を継続できない
  • 広告や他のSNSを優先してしまって後回しになってしまっている
  • 今月こそ動画を撮って収録しようと思っても毎月何もできないまま

と悩んでYouTubeでの集客を諦めてしまった経験はありませんか?

YouTubeをやり始める人は大勢いますが、一方で集客ができる前にやめてしまう人が多く、

9割は、半年でやめるといわれています。

ただ、YouTubeの市場規模は今後も拡大していくと予想されており、まだまだ成長の可能性を見込める市場です。

【動画配信市場の推計】
2023年:5,250億円(前年比108%)
2028年:6,330億円(120%増)

参考:一般社団法人デジタルコンテンツ協会
『動画配信市場調査レポート2024』
https://www.dcaj.or.jp/project/sale/index.html

スマートフォンでもっともよく使うアプリも、動画アプリがトップとなっています。

出典:MMD研究所 2022年版スマートフォン利用者
実態調査第1弾
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_2157.html#:~:text=%E3%81%8C19.2%EF%BC%85-,1%E6%97%A5%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%80%81%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AF3.4%E5%9B%9E%E3%80%81SMS,16.0%EF%BC%85%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

最近ではテレビでの視聴もだいぶ増えてきています。

こんな可能性のある成長市場をあきらめるのは、あまりにももったいないですよね。

あなたも最初は、本気でYouTube運営をして、

  • 教育もされた濃い見込み客を毎月300人以上集客したい
  • フロー型のSNSではなく、1年先も集客し続けられる資産メディアとしてのYouTubeチャンネルを作りたい
  • YouTubeからの集客のみで月商1000万円など、集客コストをかけずに半自動で売り上げたい

などワクワクしていたかもしれません。

しかし実際には、

「YouTubeに質の高い動画をコンスタントに投稿して集客できるチャンネルができれば、集客コストもかからず濃い見込み客を月300人以上や売上1億円も目指せる」

と理解しているのにできていない人が多いのが現状です。

なぜなら、

  • 毎回の動画台本を作成するのが大変
  • 台本が出来上がっても収録する時間が取れない
  • 編集にも時間と労力を削られる

と、1本仕上げるのに時間と労力がとてもかかるので、投稿を続けられないからです。

でも、多くの人はやり方を間違えていることに気づいていません。

今このページを読んでいるあなたは、「YouTube運営で成功するには何か秘訣があるのでは?」と諦めきれずにいるはずです。

もし「その通り」と思うのであれば、この先を読み進めてください。

たとえ今あなたが諦めかけていても、コンスタントに投稿しYouTubeで見込み客を集客して売上も上げることができる方法がわかります。

人やAIに任せて動画制作を
楽して投稿を継続
できたとしても
YouTubeで集客はできません

確かにYouTubeを本気で運営しようと思えば、

  • 企画リサーチ
  • 企画決定
  • 動画タイトル決定
  • 台本構成
  • 台本ライティング
  • 動画収録
  • 動画編集依頼
  • サムネ制作
  • 動画投稿

など、

動画を収録するだけではなく、収録前のリサーチや台本作成、そして収録後には編集作業やサムネ制作など、1つの動画を作るだけでもかなりの労力がかかります。

ましてや今は長尺動画が主流になっていて、

例えば

など長尺動画の方がYouTubeに評価されて再生されやすい傾向にもあります。

しかし、1本30分以上の動画を作ろうと思えば台本も12000文字以上書かなければいけません。

きっとあなたもこれを聞いて

「これら全てを実施して週2〜3本投稿するなんて無理」

と思ったかもしれません。

一方、自分の労力を少しでも減らそうと、

  • 台本を書くライターに任せる
  • 台本をchatGPTなどAIに書かせる
  • 編集は動画編集者に丸投げでノーチェック
  • サムネもサムネ制作のデザイナーに丸投げ
  • 質は捨ててアドリブで収録する

などをしている方も多くいます。

ですが・・

中途半端に人に任せて
YouTube動画を作っても
うまくいきません

なぜなら…

  • 関連動画に乗るのに時間がかかる
  • 視聴者の満足度が満たせない
  • 視聴者維持率が低い
  • サムネのクリック率が悪い
  • 手抜きだと視聴者にバレる

といった状態になってしまうからです。

動画の質が落ちて再生回数が減れば、動画を投稿する本来の意味もなくなってしまいます。

あなたがYouTube運営をしたいと思った、本来の目的を思い出してみてください。

  • 「価値提供をしたい」と思って動画を作るのか?
  • それとも集客したいからやるのか?

あなたはどちらのマインドでYouTubeチャンネルをやろうと思ったのでしょうか?

きっと「価値提供をした結果、多くのファンが集まり集客に成功」という未来を見据えていたはず。

しかし動画制作が大変すぎて疲れてくると、当初のマインドもずれてしまいがちです。

こうなると、いつのまにか集客することばかりに集中しすぎ、とにかく投稿を継続できさえすればいいという観念に囚われてしまいます。

集客ができないあまりにエンタメ性を取り入れてみたり、流行りネタを取り入れてみたりと趣旨から外れた動画を投稿し、よく分からないチャンネルになってしまった失敗例を、私はこれまでにもたくさん見てきました。

また、動画制作はやることも多いので、YouTubeをやった方が長期的に考えれば絶対いいのはわかっているのに継続できず、結局は

  • meta広告やYouTube広告など広告集客のみ
  • XやInstagramなどのフロー型のsns集客

など、

目先の集客を得るためにYouTubeをしない選択をしている方も多いです。

そしてこう思い込むことで、自分を納得させているかも知れません。

  • YouTubeをやらなくても広告で集客できているから!
  • Xでプレゼント企画など定期的にやれば集客できる!
  • Instagramでリールやストーリーを日々投稿してファン化して集客できる!

しかし、これだと

  • 広告のみだと視聴者がメディアを確認する時に信用性が足りない
  • プレゼント企画をやり過ぎてユーザーが飽きる
  • プレゼントにも限りがある
  • インスタバブルが終わった後はどうするのか?

といった問題が発生します。

集客できるかもしれませんが、それはあくまで一時的なものです。

ここの部分に近い未来、広告での集客が終わる未来が待っている的な事を入れたいです。
アメリカでは広告の反応が悪くなり、リアルでの集客やコンテンツマーケティングがメインになっているみたいです。

つまり、継続的かつ安定してあなたのサービスの売上を上げ続けるには、資産としてのSNSを持つことが重要です。
資産にするという点で考えれば、やはり中長期的に売上&集客アップを実現できる「YouTube集客一択」なのです。

質の高い動画を週2〜3本
投稿できる運営体制になって
いないことが根本的な原因です

先ほどもいいましたが、一般的にYouTubeチャンネルを本格的に運営していくなら、

  • 企画リサーチ
  • 企画決定
  • 動画タイトル決定
  • 台本構成
  • 台本ライティング
  • 動画収録
  • 動画編集依頼
  • サムネ制作
  • 動画投稿

といったタスクが必要です。

あなたはこれらを、何もかも一人でやろうとしていませんか?

一人でやるとなると、たった1本の動画を作るだけでも、気が遠くなるような作業量と時間が必要になってしまいます。

そして、多くの人は

  • 時間が取れない
  • 疲れているから来週にしよう
  • 途中までできているから続きはまたにしよう
  • 今は先にやらなければならない別の仕事があるから

などと理由をつけてYouTube運営を後回しにしてしまいます。

ただし、あなたがYouTubeの運営を何かと理由づけて後回しにし続けてしまうと…

  • YouTubeで競合にポジションを奪われて後発から参入しにくくなり、そのポジションのNo1を取られてしまう
  • XやInstagramなどフロー型のSNSで毎日投稿し続けないといけない集客できず、飽きられてきたり競合が増えればどんどん集客力が落ちていく
  • 広告で集客コストを常に払い続けないといけないく、広告費が年々高騰していき費用対効果が合わず月100万円以上の広告費を常に払い続けないといけない
  • 他のSNSや広告など質の低い見込み客ばかり増えるので集客はできても成約率が低く、売り込みを強くしないと売れない

など悩みは今よりも大きくなってしまうでしょう。

成功して利益を上げているチャンネルは、いずれも質の高い動画を週2〜3本投稿できる運営体制を持っています。

全て一人でやるのではなく、社員と分業して、あるいは外注に依頼して回しているのです。

チームで作るから、個々の人は自分の担当にだけ注力することができて効率もアップし、制作ペースも上がります。
質の良い動画作成を実現するには、リサーチから投稿までをスムーズに回せる運営体制であることが重要なのです。

【顔出し&撮影不要】
YouTube運営チームを

作ることで集客の悩みを
すべて解決できます!

動画を投稿するのに何で撮影しないの?撮影しないで動画を作るって無理じゃないの?と不思議に思ったかもしれません。

しかし私自身、YouTubeチャンネル登録数が合計280万人達成し、そしてアドセンス報酬も8億5000万円越えを実現しているのも、

「撮影しないYouTube運営」
をしているから

チームでYouTubeを運営しているからに変更できないでしょうか?

確かに一般的には「企画を考えて台本を作って収録する」という方法ですが、この方法でやっている多くの方は投稿を継続できなかったり、継続しても投稿することが目的になってしまって、集客できるYouTubeチャンネルが作れないで終わってしまいます。

例えば企画が決定した後、台本を作るのに時間がかかってしまう人が大半です。

やっと台本が仕上がっても、今度は撮影で何度も失敗しては撮り直したりしているうちに、段々モチベーションが下がってきてしまいます。

すると次もまた同じことをやるのか…と億劫になり、次第に投稿しなくなり、集客できないという負のスパイラルに陥りがちです。

また、コンセプトがありきたりすぎたり、投稿してはいるけれど再生数が上がらず、何を改善すればいいか分からないという場合もあります。

撮影しないYouTube運営はチームを作り、アニメーションやナレーションなどを外注化します。

また、初期戦略としては、

  • 需要がある動画にする
  • 競合の動画より満足度が高い動画を作る
  • 世界観を作る

3つのポイントを押さえることです。

このポイントを押さえている動画は、再生数が回りやすい傾向があります。

つまり、戦略をしっかりと明確化したうえで、時間のかかる部分を工夫すれば、時間と労力をかけることなく質の良い動画を作り続けることができるのです!

実際に撮影しないYouTube
運営を実践した結果…
動画講座も無料プレゼント!!

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

動画講義の内容
  • 広告収益のみで4億7615万円を達成した事例
  • YouTube運営を後回しにし続けてしまうと…
  • 集客できる前に挫折をしてしまう3つの理由
  • 濃い見込み客を300人以上集客する方法
  • 撮影しないYouTube運営で見込み客を集客するための5つのポイント

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

受け取りまでの流れについて

※配信が不要な場合はすぐにブロックすることが可能です

プロフィール
 
佐藤 皓

♦YouTube運営歴10年、動画投稿本数4000本
♦自社で複数のチャンネルを運営し、チャンネル登録者の合計は280万人
♦アドセンス収益は5年間で8億5000万円オーバー
♦アドセンスのみで月に1500万〜2000万円継続(現在も更新中)
♦YouTubeチャンネル開始後、2動画20リストでマネタイズ成功

YouTube実績

♦銀の盾、金の盾受賞